つぶやき

一羽のカラス

アップロードファイル 22KBアップロードファイル 18KB

この数日、
夜になると電線に一羽のカラス

公園の木が昨年伐採され
同時にカラスの巣も撤去された。

通りがかりの方が、カラスに餌付けをし
子育て中のカラスは、危険なので何方かが注意されたのか?

数羽いたカラスの姿も、あまり見かけなくなっていたけれど
一羽だけ寝ているカラスを見ると可哀想と思ってしまう。

満月が近いのか
今宵は雲の合い間から見えるお月さまが綺麗!

誰もが皆、最終的には一人だけれど
支えあえる人が居ないのも悲しいでしょうね。

ソニアは、今朝も血糖尿ではありませんでした。
ジュリアは、ちょっぴり足が痛そうです。

北国にもサクラ開花の季節

アップロードファイル 29KBアップロードファイル 18KB

今夜は雨と風
こっそり、お風呂に入る振りをし二階に上がって来ました。
ソニアもジュリアも熟睡しています。

例年ですとGWまでには自宅裏の畑起こしも終わっていますけれど
今年は、残雪の為に畑の土が乾いていなく

それでも気になり
昨日 少々畑起こし・・・一週間掛かるかも知れませんけれど
ソニアも日向ぼっこ
この後、リードを離しても暖かなコンクリの上で寝ていたソニアでした〜

写真の砂利の上にゼオライトを敷いたら
ソニアとジュリアの足が痛くないかしら〜と検討しています。

GW中、わたしが風邪を引いてしまった為何処にも行けず
再び、体調を崩したソニア
動物病院までの道々 サクラの木々もピンクに染まり
我が家の梅の木の開花も、もう直ぐです。

紫外線怖い

アップロードファイル 19KBアップロードファイル 21KB

快晴の本日
部屋の中は、ポッカポカ
久しぶりの散歩日和と出掛けましたが
気温は低く、ソニアの足に雪が刺さりますけれど
今日も一回りの1時間散歩をして来ました。

紫外線が強いので
白くなった、ソニアもわたしも要注意です。

帰宅後
久しぶりにソニアをシャンプー
ジュリアも「ジュッちゃん、くしゃい!」と言うと
逃げ回っていたジュリアも観念し自らお風呂に直行します。

昨日は、北大病院まで
わたしが受診中
父が、ソニアとイチョウ並木を散歩。。。

何故か?ソニアは、先月より北大まで行きたがります。
今月 ソニアは動物病院へ行かず
親孝行してくれています。

病院とXmasプレゼント

アップロードファイル 26KBアップロードファイル 16KB

週間天気予報を見ながら18日(金)
今年最後の病院と願いながらソニアと恵庭まで

ソニア ダイエットの効果で体重26キロになっていました。
尿検査の結果
血糖値も白血球も異状なく
抗生物質も10日目で中止し、残ったお薬は常備薬として

『しこり』は、ストレスより後ろ足を齧り
傷よりの菌がリンパの腫れにつながったようです。

お陰様で今年最後の通院となりました。
ご心配頂いた皆さまありがとうございます。

そして
ソニアとジュリアにとXmasプレゼントとカードを頂戴しました。
マール母さん ファディママさん有難うございます。

ブログを書いていると
再び 雪がモチモチと降り出した札幌です。。。



  

眠っている子を起こしてはならない

アップロードファイル 16KB

数年前より、この季節には体調を崩すソニア
そんなソニアを見ながら・・・・・

・・・主人の肝臓・・・
アフリカに住んでいた折に二度マラリアに掛かり
わたしと結婚してより肝臓の為に三度の入院

その二度目の入院の折
肝生検を奨められましたが
ある医師に余計な事をしない方が良いと

『眠っている子を起こしてはいけない』と申されました。

わたし達は、その医師の必要以上の検査も薬の投薬もしない診療に共感していましたので
肝生検も受けず数年が経ちました・・・

その後、糖尿病の疑いが出て食事療法となり
亡くなった年の4月より糖尿病のお薬を飲むこととなりました。

主人が亡くなった後に検査結果のデーターを比較しますと
糖尿のお薬を飲む1年前より微妙に肝臓の数値が上がっている事に気が付きました。
糖尿のお薬が引き金になったのか?運命だったのか?
判りません。。。

ソニアの肝臓の数値が幾度も上がったり正常値に戻ったり
そして、糖尿病の疑いも
ソニアの血液検査をする度に神経質な程、データー比較をしています。

犬は飼い主に似ると言われますが
肝臓と糖尿。。。そして癌。。。
ソニアも白くなったけれど
わたしの皮膚も真っ白になりました。。。

『眠っている子を起こしてはならない』
他の医師よりは、『点滴は延命ではありません』

何かに苛立っているソニア
どうして主人の処の座布団を跳ね除け
穴掘り行動をするの???と、ソニアに問い掛けています。