No.2794の記事

母になった娘へ

アップロードファイル 18KB

去年の結婚式の折に手紙を頂きましたね。
母となったあなたへの手紙です。

あなたの誕生の一歳から三歳の二年間で
母は三度の入退院 通算五ヶ月もの間祖父母の元で過ごしましたね。

母親らしいことが何も出来ず
「おかあさんに抱っこされた記憶がない」と言われた時ショックでした。
三歳までの環境が大切と分かっていてもどうする事も出来ませんでした。

あなたは覚えていますか?

三歳の時 預かってもらっていた祖父母の元からうさぎの縫いぐるみを抱っこし飛行機に乗り込んだことを

これからの女の子は自立できなければいけないと
立って間もない頃より転んでも絶対に手助けしないとの教育方針でした。
その為か絶対 「ごめんなさい」と言いませんでしたね。

春 山菜採りの折におたまじゃくしや山椒魚を羽化させ庭の池に離し再び自然に返しに行きましたね。

夏 父は庭に海から砂を取って来て砂場を作りました。
   はだしは健康に良いからと・・・・・

秋 お弁当を作り車中泊のキャンプ

冬 まだ自宅の前が畑だった時に父が雪を固め長い坂を作りそり遊び

殿様バッタや日本ザリガニを捕った田舎での生活。
写真を観ると幸せだったことばかりが頭を過ぎります。

絵本は色彩の感覚が違うと海外のものを購入し
四歳からのピアノの日々
いじめられた〜と言ってもいじめられる方にも原因があると考えた日々もありました。

母子健康に女の子を授かり感謝しています。
母はあなたの産声がこの年齢になった今でも一番の幸せと感じた一瞬でした。

地球環境や家庭環境が変わろうとも
今も昔も大切なもの(こと)は変わらないと思っていますよ。。。。。
幸せにね。新しい家族の船出ですね。
母より